人身事故の慰謝料請求

人身事故に遭った場合には、被害者から加害者に対して慰謝料の請求を行うことができます。しかし、慰謝料にも当然相場というのがあるので、勝手に被害者が加害者に対してこれだけ支払うように申し入れるようなことをすると、トラブルのもとになるケースもあります。よって被害者と加害者だけで慰謝料の話し合いをするのではなく、加害者は保険会社に任せて、被害者は弁護士に任せるというのが一般的です。しかし、加害者は保険会社に任せることが多いものの、被害者は自分で交渉をすることもあります。

もちろん交渉相手は加害者ではなく、保険会社になるのが普通なので、交渉のプロと話しをすることになるでしょう。そうすると被害者の方にも非があるのではと追及されてしまい、しかも任意保険基準の支払いになってしまうことから、被害者が不利になるケースもあるのです。そのため、人身事故の場合には、弁護士に相談をする人が近年では多くなっていると言えるでしょう。何でもお金を請求できるというわけではありませんので、知識のある弁護士に任せるのがよいのです。

ただし、後遺症の場合にはすぐに料金を請求するのではなく、後遺症認定が行われた場合や、治療が終わって完治したときに行うようになるのですが、弁護士への相談は早めに行っておくべきでしょう。そうすれば後遺症になった場合であっても安心できます。当サイトでは人身事故に遭った場合の慰謝料請求に関することを中心に紹介しているので、よろしければ参考にしてみてください。