請求できる慰謝料

いくら人身事故の被害に遭ったとは言っても、何でもかんでも請求できるというわけではありません。請求できる慰謝料には種類が限られているので、その範囲内に限って請求することができるようになっています。では、どのような請求が可能になっているのでしょうか。まずは人身事故が原因で入院した場合や、治療をした場合の治療費や薬代です。相手が死亡した場合には、年齢や年収に応じて慰謝料の請求ができます。

また、入院などで仕事を休んだ場合の給料分の請求も可能です。これを休業損害と言います。さらに通院する場合に使用した交通費や、医療器具を使用する場合の料金も請求できるので覚えておきましょう。そして後遺症になった場合の傷害慰謝料の請求も行うことができます。後遺症になった場合には、等級が定められるのですが、この等級によって支払金額が変わってくるのです。

後遺症には1級から14級まで存在しており、1級が最も重い症状なので、その分支払う慰謝料の金額も高くなっています。後遺症の場合には等級ごとに基準額が定められているのですが、裁判基準が最も高い金額になっているため、やはり弁護士への相談は必要不可欠です。基本的にはこのような金額の請求が可能になっているので、詳しくは弁護士に聞いてみましょう。

 

請求を行う方法

実際人身事故によって被害を受けたけれど、どのようにして請求すればよいのかわからないという人も多いでしょう。物損事故であれば、車の修理費用をそのまま加害者に請求して、支払ってもらえば完了になることは知っていると思います。では、慰謝料の請求はどのようにして行うのかを簡単に解説させていただきます。人身事故の場合には、まず治療にかかった費用を請求することになります。

よってすぐに請求するのではなく、完治してから請求するようになるでしょう。治療が終われば保険会社から慰謝料額の提示があるというのが一般的です。ただし、後遺症が残った場合には、等級によって支払額が異なってくるので、認定された等級分の慰謝料が提示されるようになるでしょう。しかし、不安になるという人も多いので、できれば家族が弁護士に相談をしておくことで、より安心できるようになります。

近年は1人暮らしの人が多いので、1人暮らしの人は治療が終わったらすぐ弁護士に相談するようにしましょう。そうすれば支払額に関しても、支払方法に関しても弁護士がいろいろとアドバイスをしてくれます。基本的には被害者の方から加害者が加入している保険会社へ請求をするようになるのですが、交通事故被害のことは弁護士に相談をすぐにしまそよう。